メインイメージ画像

オーディションに合格するにはレッスンで演技を磨きましょう

夢を追いかけていき、役者や声優になるためにはレッスンを重ねることが重要ですが、一流の劇団やプロダクションではこのレッスンに参加すること自体が大きなハードルとなっていることがあります。そのためこのような劇団やプロダクションのレッスン生になれるだけでも大きなチャンスですが、誰でも参加可能という訳ではなくオーディションなどの選考過程をクリアした方のみが参加を許されます。

こうしたレッスンに高いハードルが作られている劇団やプロダクションは業界でも強い力を持っていることが大抵で、憧れの俳優や女優が所属していることも多いので、夢を持って業界に飛び込む多くの若者がチャレンジしているのです。

そのため過酷な競争に勝つためにはオーディションを突破する力を身につける必要があるのですが、第一に自らについて理解を深め方向性を決定することです。例えばモデルとなるための資質はスタイルが最重要となりますが、これらは努力だけでなく持って生まれた素質が大切になります。そしてステージに出たいのならば演技力や今までの経験が必要になりますが、今自分に持っている資質でオーディションを突破出来るか冷静に自己分析を行うことが重要です。

もちろん自己分析をして諦めるという訳ではなくて、今の自分には不足していることを明確にし、そして自分の長所を再認識することで自分のとるべき行動が見えてくることもあります。足りないならばレッスンのオーディションに受かるためのレッスンというものが必要になりますし、自己分析の結果目標を変えるケースもあるでしょう。このようにオーディションはテスト勉強のようにやれば出来るというものだけではないので、自分の適性や資質をしっかりと自己分析する姿勢が大事なのです。

このようにオーディションに望むにあたっては真摯に自分というものに向き合っていく必要がありますが、レッスンのオーディションはあくまでも過程に過ぎないので、合格した後も厳しい審査で自分を試されます。俳優や声優は狭き門ですが、ぜひ諦めずに自分の可能性を試してください。